Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Yahoo! JAPAN」のフィッシング攻撃が複数発生 - フィッシング対策協議会が注意喚起

ヤフーを装ったフィッシング攻撃が複数確認された。フィッシング対策協議会では、誤って個人情報を提供しないよう注意を呼びかけている。

ヤフーが提供するオークションサービス「Yahoo!オークション」のユーザーを狙った攻撃で、「重要なお知らせ」として会員情報の更新を求め個人情報を入力させる手口。

氏名や住所、電話番号といった個人情報のほか、クレジットカードやセキュリティコード、3Dセキュアのほか、秘密の質問や答えといった情報など取得しようとする。

14日の時点でいずれも稼働しており、JPCERTコーディネーションセンターが閉鎖させるため調査を進めている。同様の攻撃は、たびたび同協議会により報告されており、前回も8月上旬に確認されている。

(Security NEXT - 2009/09/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「国内のみ」狙う偽Amazonのフィッシング - 100万件以上の日も
今度は「特別定額給付金」の「再給付」で誘惑 - 詐欺メールに注意
2回目の特別定額給付金? 実際は情報盗む偽サイトへの誘導メール
警察庁、キャッシュレス決済サービスの不正出金で注意喚起 - 便乗詐欺にも警戒を
仮想通貨取引所装うフィッシングサイト - 偽広告で誘導
偽日本郵便の詐欺メールに注意 - 誘導先ドメインに「paypay」の文字列
決済サービス連携で2017年7月以降380件約6000万円の被害申告 - ゆうちょ銀
「Vpass」アカウントやクレカ情報狙うフィッシングに注意
「ウイルスバスター」新版、モバイル版で詐欺対策を強化
スマホプレゼントとだます偽OCNのフィッシングに注意