Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

50店舗で6912件の個人情報紛失が判明 - 中央三井信託銀

中央三井信託銀行は、店舗において顧客情報を記載したローン関連書類を紛失したと発表した。

所在がわからなくなっているのは、ローンに関する仮審査申込書やローン借入申込書、提携先不動産業者制定事前審査申込書、個人情報の取り扱い同意書などで、社内調査により50店舗で紛失が判明した。

これら書類には、氏名や住所、電話番号、生年月日、勤務先のほか、収入や負債額、借り入れ希望額など、2007年4月から2009年6月までの顧客に関する個人情報6912件が記載されていた。

不正利用などは確認されておらず、同銀では、不正に持ち出された形跡はなく、誤って廃棄した可能性が高いと結論づけている。

(Security NEXT - 2009/09/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

マイナンバーなど個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 前橋市まちづくり公社
飲食店で患者情報を鞄ごと紛失 - 総合メディカル
患者情報含む私物USBメモリを紛失 - 広島大病院
小学校で児童の名簿や写真が所在不明に - 大阪市
生活保護受給者の個人情報含むノートを紛失 - 大阪市
健康状態など緊急患者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 江戸川病院
事務所移転時に健診予約者情報含むPCを紛失
ATM7カ所で取引内容を記録したメディアが所在不明 - 島根銀
個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市
年末年始に個人情報の紛失3件が判明 - 大阪市