Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

大阪府内の支店で約3000件の顧客情報紛失が判明 - みずほ銀

みずほ銀行における大阪府内の支店で、顧客情報約3000件が含まれる帳票を紛失していたことがわかった。

同行において支払いや入金に用いられた伝票のほか、振り込み依頼書、支払い済みの小切手など、2001年7月から8月にかけて4日分の帳票が、同行山本支店において所在不明となっているもの。

同行顧客情報約3000件が含まれる。支店の帳票をセンターの集中管理へ移行する際に紛失が判明した。含まれる個人情報は伝票によって異なるが、住所や電話番号、口座番号、取り引き内容など記載されていた。

同行では、誤ってほかの書類などとともに廃棄した可能性が高いと結論づけており、外部へ漏洩した可能性は低いと説明している。また二次被害など今回の紛失に関連すると見られる問い合わせも受けていないという。

(Security NEXT - 2009/08/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

高校生徒の写真データ含む私物スマホを紛失 - 大阪府
中学校でアンケート票を紛失、一部が県教委に届く - 春日井市
新生児訪問指導票などを誤廃棄か、再利用段ボールで保管 - 船橋市
中学校で生徒の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 高槻市
廃棄する健診記録票が運搬中に転落、翌日回収 - 桐生市
高校で引出に入れた記録簿が所在不明に - 大阪府
霊園使用者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 岩見沢市
顧客情報記載の伝票綴1冊が所在不明 - 東春信金
小学校で結核健診問診票を紛失、整理が不十分で - 平塚市
USB紛失で町長ら減給、不正利用判明すれば再度処分を検討 - 佐久穂町