Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

大阪府内の支店で約3000件の顧客情報紛失が判明 - みずほ銀

みずほ銀行における大阪府内の支店で、顧客情報約3000件が含まれる帳票を紛失していたことがわかった。

同行において支払いや入金に用いられた伝票のほか、振り込み依頼書、支払い済みの小切手など、2001年7月から8月にかけて4日分の帳票が、同行山本支店において所在不明となっているもの。

同行顧客情報約3000件が含まれる。支店の帳票をセンターの集中管理へ移行する際に紛失が判明した。含まれる個人情報は伝票によって異なるが、住所や電話番号、口座番号、取り引き内容など記載されていた。

同行では、誤ってほかの書類などとともに廃棄した可能性が高いと結論づけており、外部へ漏洩した可能性は低いと説明している。また二次被害など今回の紛失に関連すると見られる問い合わせも受けていないという。

(Security NEXT - 2009/08/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

修学旅行のテーマパーク内で県立高の生徒情報を紛失 - 埼玉県
庁内資料を持ち出して店舗で誤廃棄、職員を処分 - 川崎市
支店で本人確認書類が所在不明に - 北海道労金
組織の決裁なしに公文書施行、職員を懲戒免職 - 群馬県
授受の過程で介護保険関連書類が所在不明に - 川崎市
高等看護学院で試験の答案用紙が所在不明に - 埼玉県
政府受託調査で個人情報含むメディアなど紛失 - アジア航測
交付前のマイナンバーカードが所在不明に - 四街道市
患者情報含むデジカメ記録メディアの紛失事故2件が発生 - 東海大病院
市立小2校で児童の画像含むタブレットが所在不明 - 仙台市