Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客リストの保管状況確認が行き違いで所在不明に - 東京ガス関連会社

東京ガスの委託先である東京ガスライフバル千葉において、顧客情報が記載されたリストが所在不明になっていることがわかった。

営業活動における顧客訪問用に作成されたリスト2枚を、同社稲毛店で紛失したもの。同リストには、千葉市稲毛区内の100世帯分の顧客情報が記載されており、氏名、住所、電話番号、顧客番号などが含まれる。8月10日に作業の準備をするためにリストを確認しようとしたところ紛失へ気がついた。

同社では顧客リストの保管状況について確認作業を実施していたが、担当する従業員が勘違いして7月16日に不在だった上司の机の上にリスト提出。上司も提出を把握しておらず、その後の所在がわからないという。

同社では、書類を持ち出しておらず、ほかの書類とともに事務所内で紛失した可能性が高いとし、外部への流出や不正使用なども確認されていないと説明している。また警察へ紛失届を提出し、対象となる顧客に対して事情の説明や謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2009/08/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客情報含む伝票綴り1冊が所在不明 - 三十三銀
口座振替依頼書が一部所在不明、マイナンバーも記載 - 岩倉市
市民講座受講生の個人情報含む資料を紛失、車窓から飛散か - 津市
酒に酔って個人情報を紛失した職員を処分 - 東京都
飲酒後帰宅途中に眠り込み児童相談の個人情報を紛失 - 東京都
イベント参加者情報含む名簿を一時紛失 - トヨタツーリスト
コロナ発生届が強風で窓から屋外に飛散 - 船橋市保健所
公文書の紛失や手続不備が判明 - 和歌山県
神戸市民生委員が車盗被害、高齢者台帳も - 車両見つかり今後詳細調査
7月の個人情報関連の事務処理ミス44件を公表 - 横浜市