Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アリコ、直接申し込んだ通販顧客の情報が流出 - カードの不正利用で判明

アリコジャパンは、顧客の個人情報が外部に流出したおそれがあると発表した。クレジットカード情報の不正利用による被害も報告されている。

7月14日以降にクレジットカード会社より、同社顧客のカード情報が不正利用されたとの指摘を複数受けて判明したもの。同社調査によれば、顧客情報が外部へ流出している可能性はきわめて高く、7月初旬ごろより不正利用が発生しており、1000件以上にのぼると見られている。

同社では詳細を調べているが、最大11万件の顧客情報が流出した可能性がある。また不正利用された顧客情報の特徴として、2002年7月から2008年5月までに同社へ直接申し込み、カード決済により保険料を支払った顧客で、証券番号の下一桁が「2」または「3」を含んでいる点が挙げられている。

同社では、情報が流出したおそれのある顧客に対して書面を発送し、不正利用による請求がないか確認するよう注意を呼びかける。また流出情報の特定や被害に関する情報など引き続き公表していく予定。

(Security NEXT - 2009/07/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

出光クレジットの会員サイトで情報流出の可能性 - 外部サービスが改ざん
福祉サービスの一部契約書類が所在不明に - 高知県社会福祉協議会
教員アカウントが不正アクセス被害 - 埼玉大
事業者向けDIY通販サイトに不正アクセス - サービス開始から約2週間で被害
メタップスP、改善措置の報告書を提出 - 役員人事など発表
未発送のローン残高通知ハガキ、従業員が処理に困り裁断 - 東山口信金
県立高校で生徒の評価含む教務手帳が所在不明に - 埼玉県
顧客情報含む伝票綴り39冊が所在不明に - 京都中央信金
アニメ制作会社ショップに不正アクセス - 顧客情報が流出
決済会社にサイバー攻撃、影響受けた可能性 - フランス文化センター