Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報含む帳票を営業所内で紛失 - 中部電力三重支店

中部電力は、三重支店伊勢営業所において、顧客情報が記載された帳票の紛失が判明したと発表した。

所在が不明になっているのは、顧客との契約内容をコンピュータに入力する際に使用する「オンライン異動インプット票」223枚。伊勢市や鳥羽市、志摩市などの顧客177人分の氏名、電話番号、使用場所のほか、契約内容や計量器情報、電気工事店に関する情報などが含まれていた。

6月1日10時ごろ、帳票の整理中に紛失が判明。営業所内を捜索したが発見できず、10日に警察へ遺失届を提出した。同社では対象となる顧客に対し、説明と謝罪を行う。

(Security NEXT - 2009/06/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

交付前のマイナンバーカード2枚が所在不明に - 茂原市
ATMの取引情報を記録したCD-Rを紛失 - 北都銀
個人情報含む国勢調査の関連書類を紛失 - 堺市
誤送付や紛失など個人情報の関連事故15件 - 大阪市
一部敬老行事対象者リストが所在不明 - 静岡市
国勢調査関連の世帯一覧を紛失 - 佐倉市
個人情報含むUSBメモリ紛失、車上に置いたまま発車 - 加須市
国勢調査関係書類が車上荒らしの被害に - 青森市
プレゼント応募者の個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 関西テレビ
加工前映像含む記録媒体が放送センター内で所在不明に - NHK