Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

改ざん検知サービス「WebAlert」が「JSRedir-R」に対応

GMOホスティング&セキュリティは、ウェブサイト改ざんを検知し通知するSaaS型サービスが、「JSRedir-R」の検知に対応したと発表した。

同社が提供するウェブサイトの改ざんを検知する「WebAlert」において、不正なJavaScriptがウェブサイト内に埋め込まれる「JSRedir-R」の検知を確認したもの。検知時にはメールで通知され、管理画面から詳細が確認できる。

同ウイルスは、5月初旬より猛威を振るっており、セキュリティベンダーなどが注意喚起を行っている。

090602gh.jpg
同サービスで検知した際のレポート画面

GMOホスティング & セキュリティ
http://www.gmo-hs.com/

(Security NEXT - 2009/06/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ルータなどで広く利用されるDNSに脆弱性「DNSpooq」が判明
「Chrome 88.0.4324.96」で36件のセキュ修正 - 深刻な脆弱性も
ATM7カ所で取引内容を記録したメディアが所在不明 - 島根銀
柿安本店の公式通販サイトに不正アクセス
「Emotet」相談、引き続き高い水準 - 偽脅迫メールは増加
Oracle、「Java SE」の脆弱性1件を修正
個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市
「Java SE」のアップデートが公開、脆弱性8件を解消
Oracle、四半期ごと定例アップデートを公開 - 脆弱性202件に対応
SaaS型セキュ対策が活況 - アプライアンスは需要後退