Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

CSIソリューションズ、スパムやウイルス対策ASPサービスを開始 - 特価キャンペーンも

CSIソリューションズは、スパムやウイルスメールを遮断するASP型のメールセキュリティサービス「Managed MS Service」を、5月28日より提供開始する。

同サービスは、セキュアソフトのセキュリティ対策製品とCSKグループのデータセンターを組み合わせたメールセキュリティサービス。データセンターに設置されたセキュリティゲートウェイを経由することでメールをフィルタリングし、スパムやウイルスメール以外の正常なメールのみを届ける。

既存のメールサーバが利用できるため、初期費用や運用コストを抑えることが可能。3種のフィルタリングエンジンを搭載している。また、専用のウェブ画面から一括設定が行える。

価格は、初期費用が1ドメインあたり3万1500円。月額利用料は1アカウントあたり210円だが、8月末までのキャンペーン価格として40%オフの126円で利用できる。

(Security NEXT - 2009/05/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ヤマハ、SMB向けUTMを発売 - 遠隔サポートで設定変更やログ確認なども対応
機械学習で攻撃元IPや攻撃種類を予測するサービス - TED
トレンド、SaaS型のメールセキュリティサービス - URLのサンドボックス解析に対応
バラクーダ、WAF向けにボット検出機能 - PWリスト攻撃対策など検出
エフセキュア、セキュリティゲートウェイに新版 - HTTPS検査に対応
カスペルスキーのサイバー脅威マップが日本語対応
フィルタリング製品「GUARDIANWALLシリーズ」の新版を発売 - キヤノンITS
カスペ、コンシューマー向け製品に新版 - OS再起動時の感染を防止
Avast、中小企業向けセキュリティ対策製品 - AVGの技術を統合
ウォッチガード、UTMの新モデルを発表 - HTTPSトラフィックに最適化