Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報含む戸別訪問対象者リストを一時紛失 - 奈良社会保険事務所

奈良社会保険事務所において、国民年金推進員が個人情報が記載されたリストを一時紛失していたことがわかった。

推進員が一時紛失したのは、戸別訪問用対象者一覧表の写しや資料用のメモ書きなど。訪問対象者である被保険者104人分の氏名、住所、基礎年金番号、性別、生年月日、納付状況を表す記号などが記載されていた。

推進員が資料作成のため自宅に持ち帰り、3月2日に同事務所へ返却する途中で紛失したと見られている。書類はクリップで留められた状態で、同日11時ごろ宅配業者が発見。警察へ拾得物として届けられた。その後14時40分に警察からの連絡を受け職員が出向き、書類の回収を確認したという。

同事務所では、対象となる被保険者を戸別訪問し、経緯説明と謝罪を行った。また再発防止策として、書類の授受簿の作成や退所時の持ち物チェックなどを実施しする。

(Security NEXT - 2009/04/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

HDD紛失を公表、顧客情報が含まれる可能性 - 北海道ガス
預かった保管文書が箱ごと所在不明に - 丸和運輸機関子会社
検定試験の解答用紙を紛失 - 中国語検定協会
市役所出張所で対応した納付書控が所在不明 - 蒲郡信金
他自治体からの照会文書が所在不明に - 大阪市
マイナンバーカードの交付関連書類が所在不明 - 横浜市
個人情報含むパソコンを紛失、車上荒らしか - 名古屋電機工業
医師の患者情報入り私物PCが盗難、過去勤務先のデータも - 広島大病院
個人情報含む書類が郵便事故で所在不明に - 大和リビング
3割強の郵便局で顧客情報が所在不明、約21万4000人分 - 日本郵便