Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「市政だより」の配布先リスト紛失、あらたに414人分が判明 - 大阪市

大阪市が発行している「大阪市政だより」の配布リストを同市委託業者が紛失した問題で、すでに発表済みの104人分にくわえ、2地区414人分の配布対象者リストについても紛失していたことがわかった。

配布業務を委託している大阪シルバー人材センターの職員が、配布対象者の個人情報が記載された名簿を紛失したもの。同市では4月2日に淀川区内在住の104人分のリストについて紛失を公表していたが、委託業者が確認を行ったところ、別の2地区においても所在不明になっていることが判明したという。

あらたに紛失が判明したリストには、東淀川区内の2地区に在住する414人分の氏名と住所が記載されていた。同市では配布にあたり、確認作業時のデータ利用を許可し、事業者がリストを作成。確認作業後に回収するよう同市では指示していたが、一部回収されず、配布作業時に携帯し、紛失したという。

同市では委託事業者とともに対象者を直接訪問して、説明と謝罪を行った。同市では再発防止策として、委託先職員に対し個人情報の取り扱いについて文書で指導する。

(Security NEXT - 2009/04/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

複数病院の患者情報含むPCを紛失 - 千葉県
マイナンバーなど個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 前橋市まちづくり公社
飲食店で患者情報を鞄ごと紛失 - 総合メディカル
患者情報含む私物USBメモリを紛失 - 広島大病院
小学校で児童の名簿や写真が所在不明に - 大阪市
生活保護受給者の個人情報含むノートを紛失 - 大阪市
健康状態など緊急患者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 江戸川病院
事務所移転時に健診予約者情報含むPCを紛失
ATM7カ所で取引内容を記録したメディアが所在不明 - 島根銀
個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市