Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

会員向けサービスの通話料案内にミス - 三菱UFJニコス

三菱UFJニコスとジェイティービーグローバルアシスタンスは、同社サービスについて通話料金の設定に誤りがあり、利用者に対して案内と異なる通話料金が課金されていたことを明らかにした。

誤課金が発生したのは、三菱UFJニコスがジェイティービーグローバルアシスタンスと業務提携し、カード会員向けに提供しているサービス「ツアーデスク」の受付ダイヤル。

ナビダイヤルにより通話料金を市内料金で提供すると案内していたが、20088月16日から2009年3月10日まで適用されておらず、市外からの通話に対して通話料全額が利用者の負担となっていたという。同社では影響があった利用者に対して個別に案内している。

三菱UFJニコス
http://www.cr.mufg.jp/

(Security NEXT - 2009/03/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

防災局メルアカ乗っ取り被害、スパムの踏み台に - 新潟県
データ判読のため持ち出した患者情報含むUSBメモリを紛失 - 杏林大付属病院
フィッシングサイトの半数がクレカ事業者を偽装 - 銀行装うケース大きく縮小
経産省、メタップスPに行政処分 - 診断で脆弱性見つかるも報告書改ざん
2021年度の個人情報漏洩などの報告は6000件弱 - 4件に1件が不正アクセス
脆弱性1件を修正した「Microsoft Edge 103.0.1264.44」が公開に
5月はDDoS攻撃が微増、50Gbps超の攻撃も - IIJレポート
Google、「Chrome 103」をリリース - 重要度「クリティカル」の脆弱性に対処
サーバに不正アクセス、ポイントカードで障害も - ナフコ
ひな人形の通販サイト、クレカ含む個人情報が流出した可能性