Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報含む業務用PCを飲食店で紛失 - 船井総合研究所

船井総合研究所は、顧客情報が保存された業務用PCや顧客名簿を従業員が紛失したと発表した。

所在不明となっているノートPCには、氏名のほか、企業名、住所、電話番号、メールアドレス、所属部署名、役職名など含む顧客リスト1万1093件が保存されていた。さらにセミナー参加者8人の氏名や会社情報などが記載された顧客リストも紛失しており、対象企業は9074社にのぼるという。

2月17日深夜、帰宅途中に渋谷の飲食店に立ち寄り、店を出る際鞄ごと紛失しているのに気付いたという。店員に確認したり周辺を捜索したが見つからず、翌18日に警察へ遺失物届を提出。19日に紛失したPCによる社内ネットワークへのアクセスを制限した。

同社では対象となる顧客に対し、文書で事情の説明や謝罪を行う。現時点では紛失した情報の不正利用など二次被害の発生は確認されていないとしている。

(Security NEXT - 2009/02/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

小学校で施錠管理の児童保健調査票が所在不明 - 文京区
府立高で転退学生の既往症など個人情報含む資料を紛失 - 大阪府
児童情報含む私物のUSBメモリを紛失 - 広島大付属小
イベントで参加者の手荷物紛失、なかに戸籍謄本 - 野田市
職員の健診結果通知票が所在不明 - 茨木市
小学校教諭が児童の個人情報含む私物USBメモリを紛失 - 鳥栖市
児童クラブ職員が個人情報含むUSBメモリを紛失 - 草加市
検査の動画データなど含むバックアップ用HDDが所在不明 - 半田病院
顧客情報含む伝票綴り1冊が所在不明 - 三十三銀
口座振替依頼書が一部所在不明、マイナンバーも記載 - 岩倉市