Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「PCI SSC」参加企業による「PCI SSC PO Japan連絡会」が発足

PCI DSSの最新情報について情報交換や技術交流を行う「PCI SSC PO Japan連絡会」が発足した。

「PCI SSC」へ参加する企業国内8社により発足したもので、事務局はネットワンシステムズが担当する。会長には同社セキュリティ事業推進本部部長の山崎文明氏が就任した。

同連絡会では、参加企業の交流をはかるほか、クレジットカード各社、認定審査機関、クレジット産業業界関連団体など関係各社や団体との連携を進め、クレジットカード情報のセキュリティ対策を推進する。

またカード業界以外についても、ISMSや情報セキュリティ管理基準など、他フレームワークを補完する実装基準としてPCI DSSの普及を目指すという。

(Security NEXT - 2009/02/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

決済代行業者やコード決済事業者もPC IDSS準拠必須に
UTMに1Uの高スループットモデルを追加 - ウォッチガード
特権ID管理ソリューションに新版 - ログ改ざん検知機能を追加
機械学習活用したクラウド型DLPサービス - パロアルト
ペネトレーションテストサービスを開始 - BBSec
パブリッククラウドの監査サービス - CECとソフォス
不正なAPや端末を検知するWi-Fi監視サービス - スプライン
QRコード決済事業者向けのコンサルサービス - BBSec
カードセキュリティの実行計画2019年版 - 非保持でも対策の必要性言及
データベース監視やPCI DSS準拠などに活用できるアプライアンス - LogLogic