Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

USBメモリ管理ソフトにウイルス感染防止機能などを追加 - バッファロー

バッファローは、USBメモリ管理設定ソフトウェア「SecureLock Manager」のバージョンアップを2月5日に実施する。

同ソフトは、同社のUSBメモリ「RUF2-FHSシリーズ」「RUF2-HSCWシリーズ」「RUF2-HSCUWシリーズ」向けに提供されているセキュリティポリシーの管理ソフト。今回のバージョンアップでは、「プロダクトストリング変更機能」を追加した。

同機能では、マスターキーファイルから自動生成された文字列をプロダクトストリングに付加することでUSBメモリの区別を実現。管理者が使用を認めていないUSBメモリの使用を禁止することができる。

さらにオートラン機能を悪用するウイルスの感染拡大を防止する「AutoRunウィルス対策機能」を追加。「autorun.inf」ファイルが不正に書き換えられた場合に警告するほか、自動的に修復し、感染を防止する。

アップデートプログラム「Ver.1.65」は同社サイトにて提供される予定で、ダウンロードにより入手することができる。

バッファロー
http://buffalo.jp/

(Security NEXT - 2009/01/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

スキー学校の案内でメールアドレスが流出 - 札幌のスキー場
個人情報誤表示、1647人に影響 - 山口県クラファンサイト
Adobe、「ColdFusion」「AEM」など16製品にセキュリティ更新
「新冠ワクチン接種のお知らせ」? - ワクチン接種の便乗フィッシングに注意
Google、「Chrome 93.0.4577.82」を公開 - ゼロデイ脆弱性2件などを解消
MS、月例セキュリティ更新をリリース - ゼロデイ含む脆弱性60件に対応
「Adobe Acrobat/Reader」のアップデートが公開 - 「クリティカル」含む脆弱性26件を修正
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
「Adobe Acrobat/Reader」にアップデート - 脆弱性19件を修正
加工食品通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出のおそれ