Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

印刷会社が未使用の電気料金請求書4万枚を紛失 - 北海道電力が注意喚起

北海道電力は、印刷会社が未使用の電気料金請求書4万枚を紛失したと発表した。

同社によれば、紛失した請求書は、口座振替で電気料金を支払う顧客向けに利用しているものでダンボール20箱分に上るという。未使用のため個人情報などは記載されていない。

倉庫に保管していた印刷会社は、管理状況などから誤廃棄した可能性が高いと説明しているが、北電では外部へ持ち出された可能性もあり、悪用されるおそれもあることから公表した。

同社では今回紛失した請求書では訪問や集金は行っていないと説明。同社の従業員や集金員、調査員などが訪問した際は身分証明書を確認し、不審な訪問や集金を受けた場合は同社まで問い合わせてほしいと注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2009/01/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

子会社の事務所倉庫で顧客情報含む伝票が所在不明に - 村田機械
福祉サービスの一部契約書類が所在不明に - 高知県社会福祉協議会
市立小学校で児童個票1クラス分が所在不明に - 名古屋市
小学校2校で児童の個人情報含む書類を紛失 - 名古屋市
個人情報含む介護保険関連書類を紛失 - 摂津市
県立高校で生徒の評価含む教務手帳が所在不明に - 埼玉県
顧客情報含む伝票綴り39冊が所在不明に - 京都中央信金
個情委、個人データ入り「USBメモリ」の管理で注意喚起
2店舗で本人確認資料などを紛失 - 佐原信金
小売業における端末の盗難対策、3割強 - コストや人材が不足