Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

契約書の写しなどを営業活動中に紛失 - 東日本信販

東日本信販は、同社従業員が営業活動中に、契約書の写しなど顧客情報を記載した帳票を紛失したと発表した。

紛失したのは、契約書の写しをはじめ、取引関連資料や訪問予定表など64人分の個人情報を含む帳票。氏名や住所のほか、一部には利用残高や支払日なども記載されていた。12月16日に同社従業員が顧客を訪問する際に紛失したという。

同社では被害を警察署へ届け、関連する顧客に対して事情を説明し、二時被害などへの注意喚起を行った。また取引状況の監視など不正利用の防止対策を実施している。

(Security NEXT - 2009/01/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

福祉サービスの一部契約書類が所在不明に - 高知県社会福祉協議会
市立小学校で児童個票1クラス分が所在不明に - 名古屋市
小学校2校で児童の個人情報含む書類を紛失 - 名古屋市
個人情報含む介護保険関連書類を紛失 - 摂津市
県立高校で生徒の評価含む教務手帳が所在不明に - 埼玉県
顧客情報含む伝票綴り39冊が所在不明に - 京都中央信金
2店舗で本人確認資料などを紛失 - 佐原信金
小学校でUSBメモリを紛失、持出許可得るも禁止の個人情報も - 所沢市
データ判読のため持ち出した患者情報含むUSBメモリを紛失 - 杏林大付属病院
小学校で児童の画像含むカメラなどを紛失 - 横須賀市