Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

外貨普通預金の取引ができなくなるトラブル - イーバンク

イーバンクは、11月21日未明から正午過ぎまで、外貨普通預金の取引ができない状態になったと発表した。

同社によれば、取引先のシステムに不具合が発生したもので、3時40分ごろから12時15分ごろまで外貨普通預金の取り扱いができないなど影響が出たという。現在は復旧しており、通常通り取引が可能となっている。

イーバンク銀行
http://www.ebank.co.jp/

(Security NEXT - 2008/11/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

グループ従業員のID管理サーバがランサム被害 - 共英製鋼
制御システム監視制御ソフト「ScadaBR」に脆弱性
「Aruba Instant」に複数の深刻な脆弱性
施設予約申込書に電話番号記載ミス、誤FAXで判明 - 名古屋市
「ClamAV」にセキュリティアップデート - 脆弱性4件を修正
共用利用オフィスのセキュリティ対策認証制度がスタート
資金決済業者連携におけるクレカの不正防止対策GL - 日クレ協
Proofpointの「Insider Threat Management」に複数脆弱性 - アップデートがリリース
国立病院機構、職員が患者情報約14万件含むPCを持ち出し - オークション落札者の連絡で判明
小規模サイト、約1割「一切脆弱性対策せず」 - 対策不備で2割が被害経験