Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「未配送の荷物がある」とだまし、ウイルスを開かせるメールに注意 - 今度は「UPS」を偽装

国際運輸事業者「UPS」のブランドを悪用したウイルスメールが流通している。G DATA Softwareが確認したもので、文面は英語だが国内でも利用者がいることから、同社では注意を呼びかけている。

問題のメールは、未配達の荷物の受け取りあたり、添付ファイルを印字するように指示する文面で、圧縮された添付ファイルの中身は一見Wordファイルだが、実際はアイコンや拡張子を偽装した実行ファイルだという。誤って開いた場合、ロシアのサーバよりマルウェアがダウンロードされる。

こうした攻撃は、今回がはじめてではなく、今年8月にも「FedEx」を偽装してウイルスを送りつける攻撃が確認されている。G DATAでは、年末に向けて同様の手口が流行する可能性もあり、世界規模で展開する事業者に見せかけたウイルスメールへ注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2008/11/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

一部顧客情報が流出、委託先の中継サーバで窃取 - ホテルサンルート台北
「ウイルスバスター」新版、モバイル版で詐欺対策を強化
「ダイヤモンド・プリンセス」運営会社から情報流出 - 2019年中ごろに発生
偽画面にだまされ、個人情報流出の可能性 - 東京防災救急協会
「ウイルスバスター」に新版 - リスト非依存の不正サイト判別機能を追加
法人向けウイルスバスターに後継製品、インシデント対応機能を統合
エフセキュア、セキュリティゲートウェイに新版 - HTTPS検査に対応
マカフィー、個人向け製品に新版 - パフォーマンス向上や家族向け機能
「ウイルスバスタークラウド」に新版 - 悪性JSファイルの検出強化
「NOD32」発売から15周年、記念パッケージをリリース