Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

患者情報を消し忘れた医師の私用PCが盗難 - 済生会

済生会平塚病院の医師宅に何者かが侵入し、入院患者86人の個人情報が保存されたパソコンが盗まれたことがわかった。

持ち去られたパソコンには、2008年9月1日から10月6日までに、整形外科に入院していた患者86人の個人情報などが保存されていた。氏名、年齢のほか、病室番号、入院日、主治医名、病名、手術日、手術名、術後日数、入院日数、退院予定日など医療情報も含まれる。

同医師は、院内のパソコンが故障したため、暫定的に私用パソコンを持ち込み、使用した業務情報はUSBメモリに保存して院内で管理していたが、自宅に持ち帰る際にパソコン内のデータを消去し忘れ、10月9日夕方に盗難に遭ったという。

同院では、対象となる患者に説明と謝罪し、職員を緊急召集して再発防止の徹底を指導した。

(Security NEXT - 2008/10/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

約10年前の紛失個人情報、11回にわたり匿名で届く - 北海道
約700件の自動車重量税納付書が所在不明 - 国交省
PCや受験関係書類が研究室から盗難 - 東京藝大
マイナンバーなど個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 前橋市まちづくり公社
小学校教諭が車上荒らし被害、個人情報盗まれる - 泉大津市
患者情報含むPCが駐輪場で盗難、防犯カメラで判明 - 京都府立医科大付属病院
FireEyeの調査ツールが盗難、国家支援受ける攻撃者の手に - 対策ツールを公開
国勢調査関係書類が車上荒らしの被害に - 青森市
交付前のマイナンバーカードが所在不明 - 和泉市
海外出張先で個人情報含むPCが鞄ごと盗難 - 金沢大