Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

集団検診受診者の個人情報を記録したフロッピーを紛失 - 倉敷市委託先

倉敷市の委託先において、レントゲン受診者253人分の個人情報が記録されたフロッピーディスクの所在がわからなくなっている。

同市から胸部レントゲン集団検診を受託している淳風会が紛失したもので、8月26日に紛失が発覚。同月20日に児島保健福祉センターから同会へディスクを受け渡す過程で所在不明になったとみられている。

ディスクには、8月5日に倉敷市内の5検診会場で実施された胸部レントゲン集団検診の受診者253人分の個人情報が保存されていた。氏名、住所、生年月日、性別、整理番号が含まれていたが、検診結果など医療情報は含まれないという。

紛失した情報の不正利用などは確認されていない。同会では、検診現場におけるディスク受け渡しを中止した。またディスクの発送や受領を行う際は記録を徹底するなど管理体制を強化する。

(Security NEXT - 2008/09/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

医療費助成の申請書類が文書交換便で所在不明に - 東京都
調剤済み処方箋や調剤録が所在不明 - 松戸市の調剤薬局
クリップボードに挟んだ契約書類が強風で飛ばされ紛失 - 新潟県
支援学校で生徒の一部教育支援計画が所在不明に - 大阪府
児童情報含むUSBメモリを紛失、匿名で届く - 大阪市
小学校で児童個人票など紛失、判明から約8カ月後に報告 - 川崎市
約10年前の紛失個人情報、11回にわたり匿名で届く - 北海道
ポプラ、料金収納払込票を紛失 - 拾得者「公園のゴミ箱に捨てた」
約700件の自動車重量税納付書が所在不明 - 国交省
コロナ患者の個人情報が風に飛ばされ紛失 - 神奈川県