Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

高知新聞社のウェブサイトに不正アクセス - 個人情報漏洩のおそれも

高知新聞社の運営する複数のウェブサイトが、不正アクセスを受けたことがわかった。

同社によれば、7月ごろより複数回にわたり攻撃を受け、「高知就職ナビ」「ミリカ」「Kプラス」「高知元気力検定」「あしすと」「土佐のこやらい応援団」といった広告企画サイトが被害に遭ったという。

ウェブサイト上には6813人分の個人情報が記録されており、同社では流出は確認されていないものの漏洩の可能性があるとして被害届を提出、関係者に対して謝罪するという。

高知新聞社
http://www.kochinews.co.jp/

(Security NEXT - 2008/09/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

サイト改ざんでフィッシングページ設置 - 日本信号子会社
セミナー案内メールを2度にわたり誤送信 - 東京都
不正アクセスでクレカ情報流出の可能性 - 木工用工具通販サイト
2Qの「JVN iPedia」登録は2735件 - 前期の1.6倍に
15.7%が1つのパスワードを使い回し - 半数は「2〜4種類」
LINEのチケット制ライブサービスで握手会動画が流出 - CDNから取得か
PEARライブラリ「Archive_Tar」に脆弱性 - 「Drupal」などにも影響
AkamaiのCDNで障害、ソフトウェア構成の更新が原因
オープンキャンパス参加者へメールを誤送信 - 福山市立大
食品表示制度改正説明会の案内メールで誤送信、メアドが流出 - 消費者庁