Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報含む業務用携帯電話を紛失 - 三井住友建設

三井住友建設は、個人情報最大200件が登録された業務用携帯電話を紛失したと発表した。

従業員が利用していた業務用の携帯電話が所在不明となっているもので、端末には氏名や電話番号など、個人情報が最大200件登録されていた。8月5日ごろ従業員が紛失したという。

同社では、警察へ遺失物届を提出し、携帯電話の利用停止措置を実施した。紛失したデータの不正利用は確認されていないとしている。

(Security NEXT - 2008/09/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

スマホ不正チャージ、販売店で窃取された個人情報や他人メルアカなど悪用
フィッシング被害者などで不正取引が発生 - レイクALSA
訪問代理店が顧客情報を不正取得 - ソフトバンク
中学校で遠足指導中に生徒名簿を紛失 - 横浜市
問合返信メールに個人情報を誤添付 - FX事業者
就職相談予約した学生情報が閲覧可能に - 九大
クラウドのシステムが暗号化され脅迫受ける、詳細は調査中 - ベルパーク
PCR検査申込書の送信先記載にミス、ファックス誤送信が発生 - 群馬県
IT資格試験教材サイトに不正アクセス - 顧客情報流出の可能性
問い合わせメールを転送ミス、個人情報流出 - 神戸市