Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

システム不具合で旅行日程など顧客情報が閲覧可能に - ジャルパック

ジャルパックがインターネット上で提供している旅行日程の閲覧サービスにおいて、利用者以外の顧客情報へアクセスできる不具合が見つかった。同社では同サービスを休止し、システムの修正を行っている。

不具合が見つかったのは、出発前にウェブサイト上から旅行の最終日程が確認できる「旅行日程表WEB閲覧サービス」。予約番号と出発日を入力することで日程が確認できるサービスで、システムの脆弱性により特定の操作を行うことで、本来は閲覧できないはずの他顧客のデータへアクセスできる状態になっていた。

閲覧が可能になったのは、2008年3月17日以降に出発する同社企画ツアーに予約した顧客データ約18万人分で、ローマ字氏名、予約番号、出発日、日程表など含まれる。同社では、8月19日より同サービスを一時休止して、システムの修正を進めている。

(Security NEXT - 2008/08/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

新型コロナ拡大防止協力金申請者情報が流出 - 神奈川県
アクセス集中で不具合、会員情報が流出 - サッポロビール
大会申込フォームに不具合、個人情報が閲覧可能に - 日本学生相談学会
政府行政ポータル「e-Gov」で個人情報が流出 - リニューアル後に複数不具合
名刺交換機能に不具合、名刺情報が流出 - 東京ビッグサイト
ソースコードに利用者のメールアドレス - ウェブ本棚サービス
エポック社の通販ショップで個人情報が流出 - メールプログラムに不具合
顧客向けの謝罪メールで誤送信 - 英製ヘアブラシ公式サイト
アンケート回答者の個人情報が閲覧可能に - マイナビ農業
事業者アンケートで他社回答を表示する不具合 - 公取委