Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

郵便事業が当座勘定照合表を誤配達 - 遠軽信用金庫

遠軽信用金庫は、郵便事業による誤配達が発生し、顧客情報が流出したと発表した。

当座勘定照合表1通が誤って配達されたもので、8月8日に郵便事業から同金庫が報告を受けたという。同書類には、氏名や住所のほか、顧客番号、科目、口座番号、取引日、手形小切手番号、支払金額、預入金額、残高などが含まれる。

同金庫では関連する顧客へ謝罪し、事情を説明した。今後も個人情報を厳正に扱っていくとしながらも、郵送を利用せざる得ないとして利用者に対して理解を求めている。

遠軽信用金庫
http://www.shinkin.co.jp/engaru/

(Security NEXT - 2008/08/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ネットバンク不正送金被害が8月下旬より急増 - わずか2カ月で上半期上回る勢い
ネットバンクの不正送金被害が激増 - 前年同期の約40倍に
スルガ銀のフィッシングに注意う- 本人確認を求める手口
SIA、「ファクトチェックセンター」を設置 - 真偽検証して情報配信
複数テナント管理やSBOM読込に対応した脆弱性管理ツール
WAFルールセット「OWASP CRS」に深刻な脆弱性 - 「ModSecurity」とあわせて更新を
モジュール型WAF「ModSecurity」がアップデート - セキュリティ上の複数問題へ対処
「GMOクリック証券」を装ったフィッシングに注意
「Security Days Fall 2022」を10月にリアル開催 - 配信なし
ファイルサーバがランサム被害、情報流出の可能性 - みんな電力