Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

郵便事業が当座勘定照合表を誤配達 - 遠軽信用金庫

遠軽信用金庫は、郵便事業による誤配達が発生し、顧客情報が流出したと発表した。

当座勘定照合表1通が誤って配達されたもので、8月8日に郵便事業から同金庫が報告を受けたという。同書類には、氏名や住所のほか、顧客番号、科目、口座番号、取引日、手形小切手番号、支払金額、預入金額、残高などが含まれる。

同金庫では関連する顧客へ謝罪し、事情を説明した。今後も個人情報を厳正に扱っていくとしながらも、郵送を利用せざる得ないとして利用者に対して理解を求めている。

遠軽信用金庫
http://www.shinkin.co.jp/engaru/

(Security NEXT - 2008/08/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Oracle、四半期定例パッチをリリース - のべ390件の脆弱性を修正
ランサムウェア「Cring」、脆弱VPN機器を標的 - 制御システムが停止する被害も
VPN製品「Pulse Connect Secure」にゼロデイ攻撃 - アップデートは5月上旬
「Chrome 90.0.4430.85」が公開、複数脆弱性を修正 - すでに悪用コードも
「SonicWall Email Security」にゼロデイ攻撃 - 修正プログラムがリリース
米政府、「Pulse Connect Secure」のゼロデイ脆弱性対応で緊急指令
「Interop Tokyo」の「ShowNet」解説イベント、4月22日にオンライン開催
自動車への攻撃手法など学ぶトレーニングサービス - NDIAS
都内中小企業のセキュリティ対策支援事業を実施 - 東京都
「デジタルリテラシー協議会」設立 - スキルフレームワークを公開