Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

USBメモリからHDDのデータを消去できる「USB版 完全ハードディスク抹消 Smart」

ジャングルは、USBメモリから起動し、ハードディスクのデータを抹消できる「USB版 完全ハードディスク抹消 Smart」を8月21日に発売する。

同製品は、データ抹消ソフト「完全ハードディスク抹消 Smart2008」をUSBメモリ上から利用できるソフトウェア。従来のデータ削除に加え、USBポートに接続してブートすることでOSを含むハードディスクの全データを消去できる。

6種類の抹消方式に対応しており、初心者でもわかりやすいウィザード形式で利用することが可能。抹消レベル、抹消サイズ、抹消報告者など、抹消時のレポートはUSB内に保存される。

ジャングル
http://www.junglejapan.com/

(Security NEXT - 2008/08/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

メルアカに不正アクセス、スパム送信の踏み台に - グッドライフカンパニー
端末36台が「Emotet」感染 - 三協フロンテア
「ドコモ口座」の不正チャージ被害、ひとまず補償を完了
介護保険被保険者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 播磨町
次世代セキュリティ製品の検知回避を狙う「Emotet」
2020年3Qの標的型攻撃メールは9件 - 不審メールの情報提供は15倍、大半「Emotet」
個人情報含む国勢調査関係書類を紛失 - 堺市
イエラエ、Orca製パブクラセキュ管理サービスを開始 - コンテナやサーバレスにも対応
郵便物差出票に個人情報含む用紙を再利用 - 大阪市
セキュリティ情報分析基盤「CURE」、自然言語による情報の関連付けにも対応 - NICT