Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

金融機関などが採用している「nProtect Netizen」に異常終了の脆弱性

金融機関などで採用されているセキュリティ対策ソリューション「nProtect Netizen」に脆弱性が見つかった。すでに修正版の提供が開始されている。

同ソフトは、ウイルス感染やスパイウェア、キーログハッキングによる個人情報の盗難を防ぐセキュリティツール。フィッシング対策機能を搭載しており、金融機関などが採用している。

今回見つかったのは、同Ver5に含まれるActive X「nProtect Starter Control」の脆弱性で、不正なアップデートページへアクセスするとアップデートモジュールが異常終了し、同ソフトが起動できなくなる。

同ソフトを開発した韓INCA Internetでは、6月18日より修正アップデートをリリースしており、同ソフトやPCを再起動した際に自動的に適用される。同ソフトを国内で提供しているネットムーブによれば、今回の脆弱性が悪用されたり、トラブルとなったケースはないという。

nProtect Netizenに脆弱性発見、並びに対応完了のご報告
http://nprotect.jp/news/news080620.html

ネットムーブ
http://www.netmove.co.jp/

(Security NEXT - 2008/06/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

中小規模組織向けにエンドポイント保護製品 - カスペ
米政府、「Exchange Server」の脆弱性対応で緊急指令
「Exchange Server」へのゼロデイ攻撃、中国支援グループが関与か
「Apache Tomcat」に複数脆弱性 - 2月のアップデートで修正済み
「Chrome 89」が公開、セキュリティ関連で修正47件 - ゼロデイ脆弱性にも対応
「Microsoft Exchange Server」に定例外パッチ - ゼロデイ攻撃が発生
「Cisco NX-OS」に6件の脆弱性 - 重要度「クリティカル」も
「VMware vCenter Server」の深刻な脆弱性 - 悪用リスク上昇
「VMware vCenter Server」に深刻な脆弱性 - 「VMware ESXi」の脆弱性も
Windows向け「Zscaler Client Connector」に権限昇格の脆弱性