Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「相談相次ぐ、今もなお危険な状況」 - IPAがSQLインジェクションを再警告

情報処理推進機構(IPA)は、以前より「SQLインジェクション攻撃」へ注意を呼びかけているが、対策を実施するよう再度呼びかけた。

3月ごろより攻撃が増加し、改ざんや漏洩事件が発生しているが、5月も同様の傾向が続いており、同機構へ被害の届け出や相談が相次いで寄せられているという。

依然対策が行われておらず、今なお危険な状態のウェブサイトも多く、攻撃が成功した場合、外部からデータベースの内容を自由に操作することが可能となったり、ウイルスが埋め込まれ二次被害が発生、被害者から一転して加害者になる可能性もあるとして、ウェブサイトの運営者など重大な問題であることを認識し、対策へ取り組むよう呼びかけた。

また、改修に時間やコストがかかるため、開発者に対し設計段階から脆弱性をセキュリティ対策へ取り組むことが重要であるとし、開発を外部委託する場合にも、同様に対策を実施するよう求めている。

(Security NEXT - 2008/06/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2020年4Qの脆弱性届け出は303件 - ソフト、サイトともに増
情報流出を狙った攻撃が5割超 - 脆弱性探索も
2020年3Qは脆弱性届出が1.3倍に - ソフト、サイトいずれも増加
2020年2Qの脆弱性届出、「サイト」「ソフト」いずれも減
2020年1Qの脆弱性届け出は263件 - ウェブサイト関連が倍増
レンサバで運営されるウェブへの攻撃、約半数が「SQLi」
2019年4Qは脆弱性の届け出が半減 - ウェブ関連が大幅減
10月は「Emotet」が急増 - 3カ月間の休止経て
「SQLインジェクション」を多数観測 - CMSのDB狙う攻撃も
2019年1Q、脆弱性の届出は122件 - ソフト関連倍増