Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

宅配便の再配達指定を装う迷惑メールが発生 - ヤマト運輸が注意呼びかけ

ヤマト運輸は、同社や「クロネコ」を名乗る迷惑メールが多数発生しているとして注意を呼びかけている。

問題の迷惑メールは、宅配便の誤配達を装い、再配達の時間指定をするよう返信や不正サイトへのURLへのアクセスを誘導するもの。

同社では、依頼主が希望した「お届け予定eメール」や会員向けサービス「クロネコヤマトのWebサービス」など一部サービスを除き、顧客へメールを送信することはないとして、迷惑メールへ誤って返信したりアクセスしないよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2008/05/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「税金還付を受ける権利があります」 - 偽国税庁に注意
「アプラス」装うフィッシング攻撃に注意 - 「新生銀行カード」名乗るケースも
偽ディズニーメールに注意 - 「パークチケット必ずもらえる」と誘導
メールやSNSでの「偽求人活動」に注意喚起 - 西武HD
「Yahoo!ショッピング」の偽メールに注意 - 「注文キャンセルは本日中に」と不安煽る
UCSカード利用者を狙うフィッシング - 目立つ不自然な日本語、簡体字も
「信用情報を回復する」 - NTTセキュリティ関係者装うメールに注意
不正アクセス事件に便乗するフィッシング - クレカ利用履歴の確認要請を偽装
「国内のみ」狙う偽Amazonのフィッシング - 100万件以上の日も
今度は「特別定額給付金」の「再給付」で誘惑 - 詐欺メールに注意