Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ナビとサイトで自動車盗難や車上荒らし多発地域情報を提供 - ホンダ

ホンダは、14都府県警察と共同で、車上荒らしや自動車盗難が多発する地域の情報をカーナビゲーション向けに提供開始した。

「インターナビ・プレミアムクラブ」対応ナビゲーションシステムに「自動車盗難多発地点情報」と「車上ねらい等多発地点情報」を追加したもの。現在地や目的地周辺が、これら犯罪の多発地域だった場合、近接する順に20件を表示。3段階の危険度と過去の発生件数を確認できる。

同社では、2006年12月より大阪府警察と共同で車上ねらいに関する情報を試験的に提供していたが、自動車盗難の情報をあらたに追加。東京や大阪ほか14都府県に提供範囲を拡大した。

さらに同社では、ナビゲーションだけでなくウェブサイトで一般公開も実施するなど広く注意を喚起を実施。同社が運営するウェブサイト「インターナビ・プレミアムクラブ」の「出発時刻アドバイザー体験版」を利用したルート検索時に、自動車盗難や車上ねらい等の多発地点を表示し、危険度などを表示する。

(Security NEXT - 2008/05/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

顧客情報含む書類が車上荒らし被害に - 中部電力関係会社
国勢調査関係書類が車上荒らしの被害に - 青森市
個人情報含むPCが海外で盗難被害 - 総研大
患者情報が飲食店駐車場で盗難被害に - 半田病院
委託先で手術予定リストが盗難 - 国立国際医療研究センター
退勤直後の深夜コンビニで児童情報など盗難被害 - 京丹後市
高校生徒の個人情報含むUSBメモリなどが盗難被害 - 大阪府
音楽教室生徒の個人情報が盗難被害 - 河合楽器
患者情報含む書類が車上荒らしで盗難 - 香川大付属病院
Pマーク、2017年度の事故報告は2399件 - 4件に1件は「メール誤送信」