Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

案内メール誤送信で顧客のアドレスを流出 - JAれいほく

苓北町農業協同組合は、顧客へ案内メールを送信した際、誤って受信者のメールアドレスが表示された状態になったと発表した。

4月10日に通販の注文顧客へ「晩柑・枇杷のご注文のお知らせ」と題したメールを送信した際、106件のメールアドレスが表示された状態で送られたというもの。

同農協では、16日に問題を把握。「情報セキュリティ委員会」を設置して対応を協議し、監督官庁へ報告を行った。また関係者に対しメールで謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2008/04/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メール誤送信でファンクラブ会員のメアド流出 - 奈良クラブ
問合返信メールに個人情報を誤添付 - FX事業者
キャンペーン登録者の個人情報が閲覧できる状態に - カゴメ
事務所移転時に健診予約者情報含むPCを紛失
ファイルサーバに不正アクセス、データ流出か - 丸紅グループ会社
保健所で新型コロナ接触者情報が流出 - 岐阜県
核物質使用者宛のメールで送信ミス、核防護情報は含まず - 原子力規制委
2020年12月は個人情報関連の事務処理ミスが22件発生 - 横浜市
再委託先で2度にわたりメール送信ミス - 新潟県
緊急事態宣言にともなうキャンセルメールで誤送信 - NEXCO東日本