Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

案内メール誤送信で顧客のアドレスを流出 - JAれいほく

苓北町農業協同組合は、顧客へ案内メールを送信した際、誤って受信者のメールアドレスが表示された状態になったと発表した。

4月10日に通販の注文顧客へ「晩柑・枇杷のご注文のお知らせ」と題したメールを送信した際、106件のメールアドレスが表示された状態で送られたというもの。

同農協では、16日に問題を把握。「情報セキュリティ委員会」を設置して対応を協議し、監督官庁へ報告を行った。また関係者に対しメールで謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2008/04/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

PCR検査の結果を同姓の別人にメール送信 - 読谷村
資料請求者間で個人情報が閲覧可能に - 高校生の進路支援サイト
課内メール連絡の宛先に部外者複数メアド誤追加 - 香川県
婚活イベント申込者のメアドが流出、誤送信で - 山口県
オーガニック食品の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
保育士のキャリアアップ研修事業でメール誤送信 - 埼玉県
元従業員の売却HDD内に業務文書、データ複製の連鎖で - ラック
処方箋薬宅配サービスでメール誤送信 - 会員メアドが流出
サーバにSQLi攻撃、会員メアドが流出か - イシバシ楽器
不正アクセスでクレカ情報流出の可能性 - 警察実務書扱う出版社