Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

18社出資で情報セキュリティ格付け会社が誕生 - グローバルスタンダード目指す

格付投資情報センターや松下電器産業、富士ゼロックスなど18社は、セキュリティ格付け会社「アイ・エス・レーティング」を5月2日付けで設立する。

同社は、第三者機関として企業が扱う技術情報や営業機密、個人情報などのセキュリティレベルを格付する格付け専門会社。マネジメントの成熟度やセキュリティ対策の強度、コンプライアンスへの取り組みなど指標化し、国内外で通用する格付け制度の確立を目指す。また格付けに関連する調査や教育、出版事業など展開する。

株主は、10.7%を出資した格付投資情報センター、松下電器産業、富士ゼロックス、富士通、野村総合研究所の5社を中心に、キヤノンマーケティングジャパン、綜合警備保障、テュフ・ラインランド・ジャパン、凸版印刷、日本経済新聞社、北洋銀行、三井住友銀行、みずほコーポレート銀行、三井住友海上火災保険、三井物産、三菱商事、三菱総合研究所、ワコールホールディングスの13社が参加している。

同社では、格付けの中立性を確保するため、大株主は作らず、産業界に出資を求めており、7月の業務開始までに第1次増資を予定している。

(Security NEXT - 2008/04/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

個人情報含む国勢調査関係書類を紛失 - 堺市
イエラエ、Orca製パブクラセキュ管理サービスを開始 - コンテナやサーバレスにも対応
郵便物差出票に個人情報含む用紙を再利用 - 大阪市
セキュリティ情報分析基盤「CURE」、自然言語による情報の関連付けにも対応 - NICT
協力会社で「Emotet」感染か、なりすましメール出回る - 大多喜ガス
不正アクセスで不正出金、アカウント情報の流出は否定 - GMOクリック証券
外部から不正侵入の痕跡、詳細は調査中 - 原子力規制委員会
監視ツール「Nagios XI」に複数脆弱性、アップデートを - PoC公開済み
親族名乗る第三者に恩給受給者の住所を漏洩 - 総務省
「HPE iMC」に深刻な脆弱性 - CVSS値「9.8」が41件