Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

USBメモリ内のファイル情報収集も可能なログ管理ソフト - 「LogVillage2.0」

蒼天は、ログ管理ソリューションの最新版「LogVillage2.0 v2.1.0.0」を発売した。USBメモリ内にあるファイル情報の収集へ対応するなど、ファイル管理機能が強化されている。

同製品は、クライアントPCにソフトをインストールせず利用できるエージェントレス方式のログ管理ソフト。クライアントPCの操作や印刷、アプリケーションやデバイスの利用状況を収集し、不正操作を管理者へ通知できる。

稼働状況やソフトウェア資産の管理にくわえ、「ファイル管理機能」により、ファイル操作の記録にも対応しており、最新版ではUSBメモリ内のファイル情報についても収集可能となった。また、ブラックリストにより使用が禁止したフリーソフトやシェアウェアについては、起動させなくてもPC内から検知し、アラートを出すことができる。

(Security NEXT - 2008/04/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

コンシューマー向けESET製品に新版 - キヤノンMJ
CPU上の挙動でマルウェア検知、クラウド連携のSaaS型サービス
サイバー保険を付帯した標的型攻撃メール訓練をOEM供給
オンライン事業者向けにFIDOによる生体認証サービス - Capy
対AD攻撃や管理者アカウントの乗っ取りを検知するサービス
IDaaSサービスにPWリスト攻撃対策を追加 - Auth0
テレワーク環境のセキュ対策診断サービス - IIJ
CTCと日立システムズ、セキュリティ分野で協業
SIEM新版「ArcSight 2020」、SOARや脅威ハンティングなど機能強化
JPCERT/CC、ログ解析の訓練コンテンツを公開 - 痕跡発見のコツも