Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウイルス感染で顧客情報が流出 - 富士通ビジネスシステム

富士通ビジネスシステムは、従業員の私用パソコン経由で顧客情報が流出したと公表した。

従業員の私用パソコンがウイルスに感染し、内部データがインターネット上へ流出したもの。具体的な流出経路などは明らかにされていない。

同社発表によれば、流出した情報は、顧客が利用するグループウェアのIDやパスワード、関係者の住所など2002年当時の情報で、同社では関連する顧客へ事情を説明し、謝罪した。不正利用などは発生していないという。

(Security NEXT - 2008/03/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

大阪市保健所でメール誤送信 - 医師のメアド流出
コロナ陽性者向けメールで誤送信、作業ミスで宛先にズレ - 東京都
保育所配信システムで個人情報含む文書を誤送信 - 那珂市
新型コロナ配食サービスで伝票重ね貼り、別人の個人情報 - 岡崎市
保健所で新型コロナ発生届のFAXを誤送信 - 静岡県
コロナ感染の小学校児童情報を複数保護者に誤送信 - 松本市
小学校で児童のPCR検査結果を複数保護者へ誤送信 - 守谷市
「かながわ旅割」に参加する旅行業者宛のメールで誤送信 - 神奈川県
申請書ファイルに個人情報、変換元ファイルをサイトに誤掲載 - 加須市
非公開の個人情報を閲覧できるURLを別人に誤送信 - 東京都