Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウイルス感染で顧客情報が流出 - 富士通ビジネスシステム

富士通ビジネスシステムは、従業員の私用パソコン経由で顧客情報が流出したと公表した。

従業員の私用パソコンがウイルスに感染し、内部データがインターネット上へ流出したもの。具体的な流出経路などは明らかにされていない。

同社発表によれば、流出した情報は、顧客が利用するグループウェアのIDやパスワード、関係者の住所など2002年当時の情報で、同社では関連する顧客へ事情を説明し、謝罪した。不正利用などは発生していないという。

(Security NEXT - 2008/03/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

新コロ患者情報をサイトに誤掲載、複合機でデータ取り違え - 神戸市
新型コロナ感染症発生届のファックスを誤送信 - 名古屋市
LINEでURLの危険度を判定する無償サービス - トレンド
コロナ患者情報を個人宅へ誤ファックス - 西宮市
サイト公開動画に新型コロナ患者情報 - 神戸市立病院
官報公表破産者情報の掲載サイトに停止命令 - 個情委
PCR検査で受診者情報ファックスを誤送信 - 奈良の保健所
新コロ対策中小企業支援で相談者情報を外部公開 - 京都市
新型コロ患者情報、コンビニ複合機に置き忘れ - 神奈川県
メール送信ミスで入試事前審査の合否情報が流出 - 神戸大