Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

法人向けフィルタリングソフトの情報漏洩対策機能を強化 - トレンドマイクロ

トレンドマイクロは、情報漏洩対策機能を強化した法人向けURLフィルタリングソフト「Trend Micro InterScan WebManager 6.0」を4月14日より出荷開始する。

同製品は、不正コードの配布サイトやフィッシング詐欺サイトといった有害サイトをはじめ、業務に不要なサイトへのアクセスを制限する法人向けURLフィルタリングソフト。従来はデータベースにより書き込み規制サイトを管理していたが、最新版では、HTTPプロトコルを利用するすべてのウェブサイトに対して書き込み制限を適用できる。

また書き込みが許可した場合も、管理者が指定したキーワードを含む書き込みのみ制限をかけることが可能。ウェブサイトへのファイル送信を規制する機能も用意した。

さらにあたらしいカテゴリとして「SNS・ブログ」「動画配信」「翻訳サイト」を追加。レポート作成機能なども強化されている。不正キーワードを利用した検索サイトの利用についても制限できる。

トレンドマイクロ
http://www.trendmicro.co.jp/

(Security NEXT - 2008/03/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「サイバーセキュリティお助け隊サービス制度」がスタート - まずは5社から
生保が契約法人向けに標的型攻撃メール訓練サービスを展開
不正アクセスで顧客宛に詐欺メール、個人情報流出の可能性も - 暗号資産取引所
SAP、4月の月例アップデートを公開 - CVSS基本値「9.9」のRCE脆弱性も
クリップボードに挟んだ契約書類が強風で飛ばされ紛失 - 新潟県
同業者装いセキュ研究者に忍び寄るサイバー攻撃者 - 解析情報にワナも
新型コロナ患者の個人情報をファックスで誤送信 - 名古屋市
ウェブエンジニア向けにeラーニングサービス「KENRO」
スマホアプリ「ぐるなび」に脆弱性 - 任意サイトへの誘導に悪用されるおそれ
「Chrome 89.0.4389.128」で脆弱性2件を修正 - いずれもエクスプロイトの報告あり