Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

法人向けフィルタリングソフトの情報漏洩対策機能を強化 - トレンドマイクロ

トレンドマイクロは、情報漏洩対策機能を強化した法人向けURLフィルタリングソフト「Trend Micro InterScan WebManager 6.0」を4月14日より出荷開始する。

同製品は、不正コードの配布サイトやフィッシング詐欺サイトといった有害サイトをはじめ、業務に不要なサイトへのアクセスを制限する法人向けURLフィルタリングソフト。従来はデータベースにより書き込み規制サイトを管理していたが、最新版では、HTTPプロトコルを利用するすべてのウェブサイトに対して書き込み制限を適用できる。

また書き込みが許可した場合も、管理者が指定したキーワードを含む書き込みのみ制限をかけることが可能。ウェブサイトへのファイル送信を規制する機能も用意した。

さらにあたらしいカテゴリとして「SNS・ブログ」「動画配信」「翻訳サイト」を追加。レポート作成機能なども強化されている。不正キーワードを利用した検索サイトの利用についても制限できる。

トレンドマイクロ
http://www.trendmicro.co.jp/

(Security NEXT - 2008/03/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

SBI証券で偽口座宛に約1億円の不正出金 - PWリスト攻撃増加、警戒中に発覚
2要素認証未対応決済サービスへのチャージを停止 - ゆうちょ銀行
「ドコモ口座」経由の不正引き出し、あらたに2件が判明
対AD攻撃や管理者アカウントの乗っ取りを検知するサービス
地ビール通販サイトに不正アクセス - 偽画面でクレカ情報窃取被害
不正アクセスでスパムの踏み台に - 東松山市社会福祉協議会
ウォレットサービス「Kyash」で複数連携金融機関より不正チャージが発生
連携決済サービス12社のうち6社で被害 - ゆうちょ銀
「Adobe Media Encoder」に3件の脆弱性 - アップデートが公開
決済サービス「Bank Pay」の新規口座登録が停止 - 本人確認を強化