Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報最大7000件が元店舗よりWinny流出か - 楽天

楽天は、インターネットモール「楽天市場」へ以前出店していた店舗から、ファイル共有ソフト「Winny」を通じて顧客情報が流出した可能性があることを明らかにした。

流出元と見られているのは、楽天市場へ2004年9月から2005年6月まで出店していた「豆腐専門店 金沢・炭谷屋」。楽天の調査によれば、店舗のパソコンがファイル交換ソフトに感染し、外部へ流出した可能性が高いという。

流出したのは、おもに懸賞へ応募した顧客の氏名や住所、電話番号、メールアドレス、生年月日など、最大7019人分の個人情報で、店舗が関連する顧客へメールで連絡を取っている。楽天では確認作業を進めているが、3年近く前に退店した店舗のため照合に時間がかかることから、今回公表に踏み切った。

(Security NEXT - 2008/03/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

複数の釣り具通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出か
「SAP」を狙うサイバー攻撃、事業停止のリスクも - 利用企業は早急に確認を
スキー場の滑走記録アプリに不正アクセス - ログや画像が消失
凸版印刷とNICT、「耐量子 - 公開鍵暗号」の技術確立で共同研究
2月のDDoS攻撃、前月比22件増 - IIJ観測
東電EPを偽装、「クレカでポイント」とだますフィッシング
児童情報含むUSBメモリを紛失、匿名で届く - 大阪市
小学校で児童個人票など紛失、判明から約8カ月後に報告 - 川崎市
サーバに不正アクセス、情報流出など調査中 - ニチリョク
求人サービス「engage」に不正アクセス - 画像や動画が全消失