Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

約570の更新プログラムを含むWindows Vista SP1が配布開始

マイクロソフトは、約570の更新プログラムを含むWindows Vista Service Pack 1の配布を開始した。自動更新機能による配布は、4月中旬を予定している。

同サービスパックには、Windows Vista発売後に提供された約570の更新プログラムが含まれるほか、アプリケーションの互換性やデバイスドライバの強化なども行われている。同プログラムを適用することで、Windows Vistaを搭載したPCにおけるファイルのコピーおよび圧縮速度、ワイヤレスLAN接続の安定性などが向上するという。

ダウンロードセンターから入手できるほか、Windows UpdateやMicrosoft Update、ボリュームライセンスを購入したユーザーを対象とした「Microsoft Volume License Services」や「Microsoft eOpen」などで提供する。

マイクロソフトでは、1台のみ更新する場合は、ダウンロードセンターからプログラムを入手するのではなく、容量が少なく最適化したプログラムを用意しているとしてWindows Updateよりアップデートすることを推奨している。

Windows Vista Service Pack 1
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyId=B0C7136D-5EBB-413B-89C9-CB3D06D12674&displaylang=ja

マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

(Security NEXT - 2008/03/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ランドブレインのランサム被害、総務省3事業でも個人情報流出の可能性
「Cisco SD-WAN vManage」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開
2月のDDoS攻撃、前月比22件増 - IIJ観測
セキュ担当者の6割強が「ゼロトラスト」を理解していると回答
制御システム監視制御ソフト「ScadaBR」に脆弱性
「ほくせんカード」利用者を狙うフィッシング攻撃
グループ従業員のID管理サーバがランサム被害 - 共英製鋼
「Aruba Instant」に複数の深刻な脆弱性
施設予約申込書に電話番号記載ミス、誤FAXで判明 - 名古屋市
「ClamAV」にセキュリティアップデート - 脆弱性4件を修正