Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

多言語対応の脆弱性発見ソフトをレンタル - サムライズ

サムライズは、アプリケーション開発向け脆弱性対策ソリューション「Fortify Source Code Analysis Suite」のレンタルサービスを4月1日より開始する。

同ソフトは、ソースコードを分析し、脆弱性を発見、修正する脆弱性対策製品。「C/C++」「Java」をはじめ、「SQL」「PHP」「JSP」「VB.NET」ほか多数言語に対応しており、脆弱性の影響や対処方法をレポートする。

今回開始するレンタルサービスでは、同ソフトを一定期間利用できるサービス。1カ月と3カ月の2種類から選択可能で、オプションサービスとして、保守サポート、インストールサービス、簡易レポートなど提供する脆弱性検出代行サービスを用意した。

(Security NEXT - 2008/03/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

支援学校で生徒の一部教育支援計画が所在不明に - 大阪府
ランドブレインのランサム被害、総務省3事業でも個人情報流出の可能性
メールアカウントに不正アクセス、情報流出の可能性も - デンヨー
ツール設定ミスで採用関連の個人情報を誤公開 - ソフト開発会社
一部顧客情報が流出、委託先の中継サーバで窃取 - ホテルサンルート台北
児童データの移行でメールの誤送信が発生 - 北広島市
「Cisco SD-WAN vManage」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開
一部シスコ製小規模向けVPNルータに深刻なRCE脆弱性
2月のDDoS攻撃、前月比22件増 - IIJ観測
セキュ担当者の6割強が「ゼロトラスト」を理解していると回答