Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本狙う継続的なSQLインジェクション攻撃を観測 - ラック

ラックは、日本国内のウェブサーバを狙った攻撃を、同社監視センターで継続的に検知しているとして、注意喚起を行った。

同社が確認した攻撃は、ASP(Active Server Pages)ベースのウェブアプリに対し、SQLインジェクション攻撃を行うもので、他環境に対する攻撃は未確認だという。

ウェブサイトに脆弱性があり、ページが改ざんされた場合は、不正サイトへアクセスさせるSCRIPTタグが埋め込まれ、閲覧者がマルウェアに感染するおそれがある。問題のマルウェアは、オンラインゲームの情報を詐取するプログラムと見られている。

同社ではウェブ運営者に対して、改ざん被害や未解決の脆弱性に警戒するよう呼びかけている。また一般利用者に対しても、脆弱性の解消はもちろんのこと、普段利用するサイトが攻撃を受けた場合などを想定し、JavaScriptを無効にできるプラグインを活用するなど注意を促した。

(Security NEXT - 2008/03/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

支援学校で生徒の一部教育支援計画が所在不明に - 大阪府
ランドブレインのランサム被害、総務省3事業でも個人情報流出の可能性
メールアカウントに不正アクセス、情報流出の可能性も - デンヨー
ツール設定ミスで採用関連の個人情報を誤公開 - ソフト開発会社
一部顧客情報が流出、委託先の中継サーバで窃取 - ホテルサンルート台北
児童データの移行でメールの誤送信が発生 - 北広島市
「Cisco SD-WAN vManage」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開
一部シスコ製小規模向けVPNルータに深刻なRCE脆弱性
2月のDDoS攻撃、前月比22件増 - IIJ観測
セキュ担当者の6割強が「ゼロトラスト」を理解していると回答