Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

十条電子とチアルが業務提携 - 持出データ制御できる暗号化USBメモリを発売

十条電子とチアル・アンド・アソシエイツは、USBメモリのセキュリティ分野で業務提携し、持ち出したデータのアクセス制御を実現する「Solid Secure Filer」を提供開始する。

同製品は、USBメモリ「SolidKey」により、ファイルのアクセス権限や持ち出しを制御するセキュリティソリューション。「SolidKey」をファイルサーバの認証キーとして利用することで、サーバ上の共有ファイルに対し、ユーザーごとにコピーや閲覧、保存、印刷、持ち出し、メール添付など、アクセス権限を設定できる。

また「SolidKey」は暗号化機能を備えており、同USBメモリに対してのみ、ファイルの持ち出しを許可することが可能。同USBメモリ上のファイルについても、独自にアクセス権限を設定できるため、持ち出した際も私用PCや外部メディアへの不正コピーを防止することができる。

(Security NEXT - 2008/03/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

支援学校で生徒の一部教育支援計画が所在不明に - 大阪府
ランドブレインのランサム被害、総務省3事業でも個人情報流出の可能性
メールアカウントに不正アクセス、情報流出の可能性も - デンヨー
ツール設定ミスで採用関連の個人情報を誤公開 - ソフト開発会社
一部顧客情報が流出、委託先の中継サーバで窃取 - ホテルサンルート台北
児童データの移行でメールの誤送信が発生 - 北広島市
「Cisco SD-WAN vManage」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開
一部シスコ製小規模向けVPNルータに深刻なRCE脆弱性
2月のDDoS攻撃、前月比22件増 - IIJ観測
セキュ担当者の6割強が「ゼロトラスト」を理解していると回答