Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウイルスや不正アクセスは減少傾向、Winny相談も半減 - IPAまとめ

情報処理推進機構(IPA)は、2月におけるウイルスや不正アクセスの届け出状況を発表した。ウイルスの検出数や相談総件数は減少している。

2月のウイルス検出数は約26万個で、1月の約31万個から16.6%の減少を見せた。また、同日中に発見された同種のウイルスを1件とカウントする「届け出件数」は1854件で、1月の2046件から9.4%の減少となった。

検出数の1位は「Netsky」の約24万個で、全体の92.2%と依然として9割以上を占めている。2位も先月と変わらず「Mytob」で約5600個だったが、3位にランクインした「Fujacks」は先月の80個から約4500個へと大幅な増加を見せた。

不正アクセスの届出件数は4件で、すべて被害があった。また29件の相談が寄せられており、10件で被害が発生している。

届け出があった不正アクセスの内容は、SSHポートへのパスワードクラッキング攻撃により他サイトへの攻撃の踏み台に利用されたケースが1件、DoS攻撃が1件、その他が2件だった。その他のうち1件は、オンラインゲーム上の通貨やアイテムが消失したというもので、ゲーム内のチャットで提示されたURLから不正サイトに誘導され、ウイルスに感染した可能性があるという。

2月に同機構へ寄せられた相談件数は350件で、1月の408件から減少した。「ワンクリック不正請求」に関する相談は25件で、昨年12月からの減少傾向が続いている。またWinnyに関する相談も前月の17件から9件へと半減した。

(Security NEXT - 2008/03/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

支援学校で生徒の一部教育支援計画が所在不明に - 大阪府
ランドブレインのランサム被害、総務省3事業でも個人情報流出の可能性
メールアカウントに不正アクセス、情報流出の可能性も - デンヨー
ツール設定ミスで採用関連の個人情報を誤公開 - ソフト開発会社
一部顧客情報が流出、委託先の中継サーバで窃取 - ホテルサンルート台北
児童データの移行でメールの誤送信が発生 - 北広島市
「Cisco SD-WAN vManage」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開
一部シスコ製小規模向けVPNルータに深刻なRCE脆弱性
2月のDDoS攻撃、前月比22件増 - IIJ観測
セキュ担当者の6割強が「ゼロトラスト」を理解していると回答