Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サイト運営は危険がたくさん - IPAが脆弱性対応ガイドを公開

情報処理推進機構は、「ウェブサイト運営者のための脆弱性対応ガイド」を公開した。

同ガイドは、経営者を含むウェブサイトの運営責任者や技術者向けに作成したもので、ウェブサイトの脆弱性がもたらす具体的なトラブルや、実施すべき対策などを解説。脆弱性を指摘された際の対応手順などマニュアルとして取りまとめた。さらに巻末に「脆弱性について通知を受けた場合の作業チェックリスト」を用意している。

同機構では今回の公開にあたり、ウェブサイト運営者やシステムインテグレーター、有識者に対してヒアリングを実施。ウェブサイト運営者において情報セキュリティへの意識が低く、脆弱性のもたらす危険や脆弱性発見時の備えが不足していることが判明。有識者からも危機感の欠如を指摘する声があり、「情報システム等の脆弱性情報の取扱いに関する研究会」がガイドを取りまとめた。

(Security NEXT - 2008/02/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

OpenSSLに複数脆弱性 - 対処したアップデートが公開
監査ログ分析管理ツール「ADAudit Plus」、深刻な脆弱性の詳細が明らかに
研修会の案内メールで送信ミス - 神奈川県理学療法士会
提供した資料のマスキング部分が閲覧可能に - 東京都
公文書680件を誤廃棄、大半は審査会意見聴取前に - 三重県
6月のフィッシングサイト、過去最多を大幅更新 - 同一IPアドレス上で多数稼働
フィッシングURLが約1.7倍、過去最多更新 - 同一IPアドレス上に大量の偽サイト
4割弱の中小企業、改正個情法の内容「知らない」 - 4社に3社は漏洩報告義務把握せず
国内外データ保護規制に対応する実務者向けの資格認定制度を開始 - 日本DPO協会
サイバー攻撃で複数システムが停止、バックアップで復旧- 岐阜の病院