Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

設定監査システムのVMware向けモジュールを提供 - KCCS

京セラコミュニケーションシステムは、米Ecora Software製の設定監査システム「Ecora Auditor Pro.」向けに「VMware ESX Server 3.0管理モジュール 日本語対応版」を提供開始した。

「Ecora Auditor Pro.」は、エージェントレスでリモートからシステムの設定情報を収集し、管理が行えるソフトウェア。今回提供されるモジュールにより、「VMware ESX Server」のセキュリティ設定やパーミッション設定へ対応、従来より管理可能だったOSやデータベースなどと一元管理を実現する。

価格は1サーバあたり24万5000円。別途保守費用が必要となる。仮想環境の場合は、仮想OS単位でライセンスが必要となる。 また月額課金となるマンスリーライセンスも用意した。

(Security NEXT - 2008/02/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ジュニパー、10月の月例更新で脆弱性71件に対処 - 深刻な脆弱性も
「エックスサーバー」装うフィッシング - 「利用制限」「契約解除」と不安煽る
BCCのメールアドレスをメール本文にも貼り付けるミス - 東京都中央卸売市場
サーバがランサム被害、取引先情報など流出 - コックフーズ
マルウェア対策やアクセス制御などモバイル向けソリューションを展開 - Jamf
「FFRI yarai」に新版、ログの収集機能を強化 - FFRI
「Apache Tomcat」にサービス拒否の脆弱性 - 10月初旬の更新で修正済み
工事影響で通信障害、復旧後もアクセス増で影響長引く - ドコモ
NTTドコモの通信障害、完全復旧 - 発生より29時間後に
顧客情報含む伝票綴り1冊が所在不明 - 三十三銀