Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サークルKサンクス、料金払込票を配送センターで紛失 - 収納業務には影響なし

サークルKサンクスは、店舗で回収した料金払込票控えを2月11日に紛失したと発表した。

長野県伊那市のサークルK伊那ごんべい店で2月9日に受け付けた12件の払込票を、松本市内にある配送センターの事務所内で紛失したもの。氏名や住所など個人情報が記載されている。同社によれば、料金の収納業務そのものに影響はないと説明している。

所在がわからなくなっている払込票は、通常だと翌日10日に回収する予定だったが、店舗側の事情で例外的に11日に回収しており、他店舗の払込票と別に保管していたという。

同社では関係者へ事故の報告と謝罪を行っている。また警察へ紛失を届け、監督官庁である経済産業省や関連団体の日本フランチャイズチェーン協会に事故を報告した。

(Security NEXT - 2008/02/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

政府、行政機関のLINE利用でガイドライン
鹿児島銀のネットバンク装うフィッシング攻撃 - 乱数表も詐取
政府18機関でLINEを業務利用 - 11機関で機密情報も
都、都内中小企業のセキュ対策経費に助成金 - VPNも対象
「Firefox」にセキュリティ更新 - Android版のみ影響する深刻な脆弱性も
「Samba」にサービス拒否や共有ファイルを削除される脆弱性
VPN製品「Pulse Connect Secure」にアップデート - ゼロデイ脆弱性など修正
セキュリティリリース「PHP 7.4.18」「同7.3.28」が公開
金融機関向けASPサービスに不正アクセス - トレードワークス
「BIND 9」に3件の脆弱性 - RCEやDoS攻撃のおそれ