Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ファックス紛失による情報漏洩の防止や内部統制に活用できる「RelayFax」

アスキーソリューションズは、誤送信の防止や自動振り分け機能を搭載したファックスサーバソフト「RelayFax」を、3月5日より販売開始する。

同製品は、米Alt-N Technologiesが開発したファックスサーバ用ソフト。メールサーバと連携して、ファックスの送受信および文書管理を実現する。コンテンツフィルタ機能により、ファックス文書の削除、指定のアドレスへメールとして送信、コピーを保存、指定の送付状を利用など、あらかじめ作成したルールに従って振り分けることが可能。受信ファックスの誤送信や紛失の防止、送受信データの管理などセキュリティ対策に活用できる。

また、同社のメールサーバ用ソフト「MDaemon」と連携させることで、ブラウザからのファックス送信が行えるほか、ActiveDirectoryやLDAPサーバ、アドレス帳との連携が実現。ファックスとメールの一元管理など内部統制の強化対策にも対応する。

(Security NEXT - 2008/02/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

脆弱性を修正した「iOS 15.2.1」「iPadOS 15.2.1」を公開
ランサム攻撃を受けたらどうする? JPCERT/CCが初動対応FAQを公開
Adobe、複数製品にセキュリティアップデート - 深刻な脆弱性を修正
「Citrix Workspace App for Linux」に権限昇格の脆弱性
SAP、月例アドバイザリを公開 - 多数製品で「Log4Shell」に対応
WordPress向けクイズプラグインに3件の脆弱性
不正アクセスでクレカ情報流出の可能性 - 警察実務書扱う出版社
MS、2022年最初の月例セキュリティ更新をリリース - 97件に対応
不正購入などと不安煽る「LINE Pay」のフィッシング - メディア記事の無断転載も
「Adobe Acrobat/Reader」のアップデートが公開 - 26件の脆弱性を解消