Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

DCS 3.1のサポート期間を短縮、アップデート呼びかけ - トレンドマイクロ

トレンドマイクロは、スタンドアロンで「ダメージクリーンナップサービス 3.1」を利用しているユーザーへバージョンアップを呼びかけている。

同サービスで利用しているスパイウェアクリーンナップテンプレートの提供が2008年3月31日で終了するため、それにともない、DCS 3.1のサポート期間を当初予定していた2010年6月28日から2008年3月31日へ前倒しを実施する。

同社では、後継製品として有効なアクティベーションコードで利用できる英語版のDCS 3.2をウェブサイト上で公開しており、早めに同バージョンへ移行するよう呼びかけている。対象は、スタンドアロンで利用しているユーザーで、コーポレートエディションでオプションである場合、対応は不要だという。

(Security NEXT - 2008/01/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

サーバが攻撃の踏み台に、CMS導入ファイル狙われる - 茨大工学部同窓会
複数のOSSメッセージブローカーにサービス拒否の脆弱性
SAP、6月の月例パッチを公開 - 適用優先度高い脆弱性も
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
MS、6月の月例パッチをリリース - 脆弱性6件がすでに悪用
OTとIT環境のトラフィックや資産を可視化する新サービス
通販顧客のメールアドレスが流出 - 入浴剤通販サイト
2017年に不正アクセス、日本語脅迫メール届き情報流出が発覚 - ユピテル
新幹線オフィスの実証実験、画面覗き見対策や会話の保護も
「エポスカード」を装うフィッシング攻撃 - 利用確認装う手口