Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

DCS 3.1のサポート期間を短縮、アップデート呼びかけ - トレンドマイクロ

トレンドマイクロは、スタンドアロンで「ダメージクリーンナップサービス 3.1」を利用しているユーザーへバージョンアップを呼びかけている。

同サービスで利用しているスパイウェアクリーンナップテンプレートの提供が2008年3月31日で終了するため、それにともない、DCS 3.1のサポート期間を当初予定していた2010年6月28日から2008年3月31日へ前倒しを実施する。

同社では、後継製品として有効なアクティベーションコードで利用できる英語版のDCS 3.2をウェブサイト上で公開しており、早めに同バージョンへ移行するよう呼びかけている。対象は、スタンドアロンで利用しているユーザーで、コーポレートエディションでオプションである場合、対応は不要だという。

(Security NEXT - 2008/01/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

監視ツール「Nagios XI」に複数脆弱性、アップデートを - PoC公開済み
親族名乗る第三者に恩給受給者の住所を漏洩 - 総務省
「HPE iMC」に深刻な脆弱性 - CVSS値「9.8」が41件
バリオセキュア、11月に東証2部へ上場 - 新型コロナ影響の延期経て
テンプレメールのBCCに無関係メアド、顧客情報が流出 - ルクールプラス
イエラエ、Orca製パブクラセキュ管理サービスを開始 - コンテナやサーバレスにも対応
モバイルマーケ情報サイトが改ざん - 意図しない記事投稿やカテゴリ追加
「国内のみ」狙う偽Amazonのフィッシング - 100万件以上の日も
フィッシングやなりすましメールをテーマとしたオンラインイベント - JPAAWG
DNSサーバ「PowerDNS Recursor」にサービス拒否の脆弱性