Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セカンドオピニオン用セキュリティソフトを発売 - Kaspersky

Kaspersky Labs Japanは、「Kaspersky Anti-Virus Second Opinion Solution 6.0」日本語版の販売を開始した。

同製品は、他社ウイルス対策ソフトと共存することを前提に設計されたセキュリティ対策ソフト。他社製品と競合せずに利用できるため、ウイルスチェックなど、セキュリティ対策の多重化を実現できる。

また、新規作成ファイルと修正したファイルのみをスキャン対象とし、スキャンを効率化する「iChecker」やウイルススキャンのバックグランドで実行することが可能。またKaspersky Administration Kit 6.0による統合管理に対応している。

(Security NEXT - 2008/01/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

4月から5月の個人情報関連ミスは9件 - 大阪市
被爆者宛の健診案内で誤送付 - 同姓で住所を取り違え
三越伊勢丹グループの「エムアイカード」装うフィッシング - ほぼHTTPSで展開
「EC-CUBE 3.0」向け複数プラグインに脆弱性 - 一部はすでに悪用も
シニア弁当宅配サービスで個人情報を紛失 - 自治体からの受託分も
続くVPN機器への攻撃 - 「修正済み」のつもりが無防備だったケースも
Apple、「iOS 12.5.4」をリリース - 悪用報告ある脆弱性2件を修正
個人の同意に基づいたデータ流通を実現するサービス - 日立
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
健康食品通販サイトでクレカ情報が流出 - 不正利用の可能性