Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

持ち込みPCなど無制限で利用できるSaaS型セキュリティサービス - エフ・セキュア

日本エフ・セキュアは、中小企業や小中高校を対象としたウイルス対策製品に、SaaS型のセキュリティ製品「F-Secure ビジネスセキュリティ」をバンドルし、4月1日より発売する。

両製品は、企業や学校などで包括的なセキュリティ対策を導入できるセキュリティソリューション。個人の持ち込みPCを含めてセキュリティ対策を無制限にインストールし、対応できる。いずれも、メンテナンスフリーのSaaS型サービス「F-Secure ビジネスセキュリティ」がバンドルしており、ウイルスや不正侵入対策など実現する。

「F-Secureアンチウィルス オフィスパックS」は、従業員500人以下の企業向けウイルス対策パッケージ。「F-Secure ビジネスセキュリティ ワークステーション」と「F-Secure ビジネスセキュリティ サーバ」
で構成されている。

一方、「F-Secureアンチウィルス 小中高校パックS」は、「F-Secure ビジネスセキュリティ ワークステーション」「F-Secure ビジネスセキュリティ サーバ」「F-Secure Linuxサーバセキュリティ」で構成される小中高校を対象としたウイルス対策パッケージ。教育委員会で複数校導入した際の数量割引にも対応する。

(Security NEXT - 2008/01/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

米政府、中国関与のサイバー攻撃で利用された脆弱性25件を公表
VMwareの複数製品に脆弱性 - CVSS基本値が「9.8」の脆弱性も
Adobe、10製品向けにセキュリティアップデートを公開
「vBulletin」の脆弱性狙う攻撃、8月から断続的に発生
IoT検索エンジン「Karma」にリスクの可視化機能
不正プロダクトキー販売、不正競争防止法違反で送検
サプライチェーンのセキュ対策評価サービスを提供 - ラックら
問合メールが流出、製品開発の委託先で - クオリティア
「マンション・ラボ」に不正アクセス - 記事ページが改ざん被害
高等専門学校向けのセキュリティコンテストを11月に開催