Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

CPU、メモリ、ストレージ容量を強化したメールセキュリティ「Mirapoint RazorGate」

ミラポイントジャパンは、メール環境向けセキュリティゲートウェイ「Mirapoint RazorGate」の新シリーズを1月28日より発売する。

同シリーズは、MTA機能のほか、ウイルス対策やスパム対策、フィルタリング機能など搭載したメール用ゲートウェイ。今回は、ISPや大企業、大学などをターゲットとしたハイエンドモデル「Mirapoint RazorGate 6000」、企業や政府機関向けのミッドレンジモデル「同600」、中小企業などを対象にしたエントリーモデル「同160」の3製品を投入する。

いずれもXeonプロセッサを搭載。「同6000」では、デュアル構成を実現しており、従来製品と比較し、処理能力が30%向上。スパムやウイルス対策機能を華道させた状態で、1時間あたり24.8万通の処理が行える。

また、搭載メモリは、160では2Gバイトへ、上位2モデルは4Gバイトへ増強された。受信したスパムを保存する容量などが増加していることから、ストレージについても、「同6000」では、最大600Gバイトまで拡張が可能。

また今回の発表では、大容量に対応するメッセージアプライアンスサーバ「Mirapoint Message Server」シリーズについても3製品が投入している。「Mirapoint RazorGate」「Mirapoint Message Server」いずれも今回のモデルより新OSであるMOS4を搭載。またサイバートラストのSSLサーバ証明書について動作確認を行っており、POP over SSLやIMAP over SSLにおいて正式に対応した。

(Security NEXT - 2008/01/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Apple、「macOS Big Sur」「iOS/iPadOS」のゼロデイ脆弱性を修正 - 今月2度目の更新
個人情報含む資料を元従業員が第三者へ提供 - 日本管財住宅管理
Arcadyan製ルータソフトに脆弱性 - バッファロー製品にも影響
マイナンバーのヒヤリハットや漏洩の事例集 - 個情委
「情報セキュリティ白書2021」のPDF版が公開に
コンサート当選通知に異なる宛名、データにズレ - 大阪市
Geutebrück製産業用ネットワークカメラに深刻な脆弱性
2021年2Qの標的型攻撃に関する情報共有は40件 - J-CSIP
メール誤送信で顧客のメアド流出 - 環境試験機器メーカー
小中学校配布端末でのトラブル、約2割が経験 - 加害者になってしまうケースも