Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

LanScope Catで指定許可できる専用USBメモリ - アイ・オー・データ

アイ・オー・データ機器は、エムオーテックスのセキュリティソリューション「LanScope Cat」用USBメモリ「ED-S2/MOTシリーズ」の受注販売を開始した。

同製品は、「LanScope Cat」専用として両社が共同で開発したUSBメモリ。パスワードによる認証や自動暗号化機能など、セキュリティ対策機能を搭載しており、「LanScope Cat6」「同5」においてデバイス制御オプション導入している場合、同メモリのみを指定して利用を許可することができる。

また、オプションツール「SUManager for LanScope Cat」を別途導入することで、「LanScope Cat」が動作していない管理外のパソコンにおけるメモリの使用を制限できる。

(Security NEXT - 2008/01/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

共同利用対象外の個人情報をグループDBに誤送信 - JFRカード
中学校教諭が車上荒らし被害、個人情報が盗難 - 習志野市
研究者狙うサイバー攻撃、講演や取材の依頼を偽装
「Apache DolphinScheduler」にコードインジェクションの脆弱性
10月は9月同様の大規模DDoS攻撃は観測されず - IIJ調査
ゼロデイ脆弱性に対処した「Microsoft Edge」がリリース
Go向けSAMLライブラリに深刻な脆弱性 - アップデートが公開
修学旅行のテーマパーク内で県立高の生徒情報を紛失 - 埼玉県
市主催イベントの申込者宛メールで誤送信 - 三原市
「VMware Tools for Windows」に脆弱性 - 重要度は「低」