Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本ベリサイン、「マネージド・セキュリティ・サービス」を4月末に終了

日本ベリサインは、「マネージド・セキュリティ・サービス」を4月末日で終了すると発表した。

同サービスは、外部センターにてファイアウォールや不正侵入検知装置を、監視、管理するサービス。同社では、日本市場の変化に合わせ、設備投資の見直しやコスト管理など実施しながらサービスを展開してきたが、継続が困難と判断。4月末をもってサービスを終了ことについて取締役会で決議したという。

(Security NEXT - 2008/01/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

糖質制限食の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
個人情報の漏洩や紛失などの報告、2020年度は4141件 - 個情委
続くVPN機器への攻撃 - 「修正済み」のつもりが無防備だったケースも
「EC-CUBE 3.0」向け複数プラグインに脆弱性 - 一部はすでに悪用も
「AED」などの医療機器のリモート管理ソフトに深刻な脆弱性 - 米政府が注意喚起
総務省のシステム情報が富士通から流出 - 過去ログ調査で判明
個人情報を含む行政文書が所在不明に、文書移管時に判明 - 奈良県
約1万件の契約者IDで不正ログイン - セゾン自動車火災保険
退職者のメールアカウントがスパムの踏み台に - 大阪メトロサービス
IoTマルウェアの検体情報など研究者にデータを無償提供 - 横国大